カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

NAKA

Author:NAKA
趣味:ダイビング・水中写真・旅行
レトロっぽいモノや写真。
最近、頭髪と体重の変化に脅威を
感じている。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリは燃えているか

オタク文化が仏で大人気=ジャパンエキスポ始まる

【パリ7日時事】漫画や若者ファッションなど日本のサブカルチャーを紹介する第7回「ジャパンエキスポ」が7日、パリ郊外の展示場で3日間の日程で開幕。平日にもかかわらず熱心な日本ファンで開場時には長い行列ができた。
 フランスでは「MANGA」「OTAKU」など和製仏語が使われている。こうした日本の若者文化に対する人気を背景に1999年に始まったジャパンエキスポは毎年回を重ねるごとに規模を拡大。今年は5万平方メートルのより広い会場に変更し、延べ6万人の入場者を見込んでいる。

このニュース、テレビでもやっていた。
オタク文化がフランスでも大人気で、コスプレとか美少女フィギアとか色々やっているらしい。

しかし・・・

彫りの深い色男が、カメラに向かって一言!

「モエモエ~」(萌え萌え~)


大丈夫かフランス!?

きっとドゴール将軍は泣いているだろう。

君、そのルックスならフィギア抱えてニヤニヤしてないで、パリジェンヌでも口説きに行ったらどうだ?
きっとうまくいくと思うぞ。
私のようなルックスに問題のある日本人でさえ、惚れた女性と付き合いたければイチかバチかの賭けに出たりしたものなのだ。

その後、女性レポーターが日本のオタク青年にインタビューしていたが、

レポーター「彼女は欲しくないですか?」

オタク  「欲しいとは思いますけど、自分にはムリなんで。」

レポーター「生身の彼女は面倒ですか?」

オタク  「はい、欲しいとは思いますけど。

結局 欲しい んじゃないか。

それなら思い切って行動しなければだめだ。
成功すると信じてね。
但し、万が一ダメだった場合、

引き際は間違えないように。

何事も経験が大事だと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

<< TV電話の恐怖 | ホーム | 危ないニュースばかり >>


コメント

ええ(´Д`υ)

nakaさんがルックスに問題あるなら

ハルルはもうどうしようもないじゃん。゚(゚っд´゚)゚。

ハルル毎度~
ええーっ(゚ロ゚;)
お互いイケメンじゃないけどさー
性格、体格、職業、飲みっぷり
どれをとってもハルルの方が男前だと思うがなー、真面目なハナシ。
その謙虚さもハルルのいい所だけどね(^-^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。