カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

NAKA

Author:NAKA
趣味:ダイビング・水中写真・旅行
レトロっぽいモノや写真。
最近、頭髪と体重の変化に脅威を
感じている。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回はなぜか全然ラク!

禁煙しようと思った理由、それは実につまらないものです。その理由は・・・

①吸える場所が極端に減ってしまったこと
 (路上までもが禁煙になった今、吸える場所を探すのも面倒)

②喫煙所にたむろしてタバコを吸うという行為が、優雅なものではなく
 なってしまったこと
 (狭い場所に固まって煙に包まれている姿はミジメな感さえある)

③非喫煙者になろうという、強いイメージが沸いてしまったこと

 今回「イケル!」と自信があるのは、特にこの③によるところが大きいと思います。
 肉体的な禁断症状が現れても、耐えられてしまうからです。
 禁断症状は強烈なものですが、気持ちの持ち方で耐えられてしまう・・・
 禁煙ガムやニコチンパッチなどの必要性も全く感じません。
 自分でも不思議な感じがしています。
 気持ちの持ち方や物の考え方で、こうも違うとは。

 悪戦苦闘するリアルな姿を書いていくつもりでしたが、予想外にスムーズなので、
 意外に早く終わってしまいそうです。

 どんなイメージが沸いたのか?
 それは次の禁煙カテゴリーで書こうと思います。
 大したイメージではないんですけど、私には効果があったようです。

 

スポンサーサイト

テーマ : 禁煙ライフ - ジャンル : ライフ

<< 危ないニュースばかり | ホーム | 突然の禁煙 >>


コメント

喫煙所を探して大集合している姿はちょっと寂しい感じもします。
やはり気持ちの持ちよう、慣れだと思います!
NAKAさん、続いていますか??

green turtleさん毎度~
頑張って続けていますよ。
喫煙は習慣だと考えているうちは、なかなかやめられないと思います。
自分はニコチン中毒患者で、ヘロイン中毒患者と同等だとイメージしています。
仕事後に、「ふーっと一服」ではなく、腕に静脈に注射針を刺しているイメージを持つと、吸う気が失せます(怖)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。